溢れ出す時

長いこと人知れずクリスチャンメタルなんていうニッチなジャンルのバンドをやってるんですが、
この歳になってやっと音楽を商売というか生業にすることを真面目に考え始めています。微笑。
で、今、長いこと「やらなきゃ」と思っていたPatreonに取り組む準備をしています。(まだ準備。笑。)

でも見てみると、これも今だから出来ることであって、昨年でも一昨年でも、5年前でも駄目だったことがわかります。
自分の追い求めていたゴールである”Nabeshima”を作り上げ(発表はまだまだ先ですが)、やるべきことをやったからこそ、やっと向き合えるのだと。

でもそうやって、あれもやれる、これもやれる、って可能性を考えていたら、頭の中でどんどん曲が出来てしまって大変なことになってしまっています。今までにあまり書いてこなかったタイプというかジャンルの曲が。

今までも僕は曲を作ろうなんて思って作る方ではなかったけれど、とうとう溢れ出してきた。
どちらかといえば、まだ10代の頃から、ずっとこの溢れるものをセーブして生きてきた方だった。
けれど溢れさせていい時が来たのかもしれない。

この祝福を誰かにわかってもらえるだろうか。
わからなくてもいいです。
人から見てどうだったかは知らないけれど、この祝福が、神様の導きが、一瞬だって途切れたことなんてなかった。
それを夢中で追いかけてきたつもりです。

作るべきものを作って、やっと自由になり、目の前に扉が開いている。
僕ら、というか、僕らの音楽は、best kept secretという感じだったと思う。
でもがんばって皆さんに知ってもらえるよう努力したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください