About Imari Tones

 

Imari Tones (伊万里音色)

The First Chrisitan Metal from Japan (日本最初の本格的クリスチャンメタルバンド)を名乗り、インディーズながら世界中に熱狂的なファンを持つ。正統派ヘヴィメタルを核としつつ、アメリカンロック、プログレッシブロック、インディロック、日本の伝統音楽等の影響を織り込んだ独特の音楽性を持っている。

 

2019年7月、新体制での活動開始にあたってのプレスリリース

 

 

略歴

1998年より中心人物Tak “Tone” Nakamineが行ってきた音源制作をベースに、2004年に正式なバンドとして結成。

2006年にはTak Yomemochi氏(Air Pavilion)の支援のもと、ドイツへ飛び、ジャーマン・メタルの名プロデューサーSascha Paeth (Heavens Gate, Avantasia)との共同プロデュースによる本格ハードロックアルバム”Japanese Pop”を完成させる。

2008年、Toneがキリスト教の信仰に目覚めたことをきっかけにクリスチャンバンドとなり、「日本初のクリスチャンヘヴィメタルバンド」を名乗って世界に向けて活動を開始する。

2009年から2012年まで4年連続でUSAツアーを敢行。いくつかのフェスティバルやカンファレンスでの演奏の他、2012年には日本のバンドとして初めてキリスト教のストリートツアーとして知られるThe Extreme Tourに参加。

2013年にはそのThe Extreme Tourを日本に持込み、アメリカ、カナダ、チリのバンドと共に津々浦々で演奏するThe Extreme Tour Japanを2016年まで4年連続で主催。

2015年には日本のクリスチャンロックの歴史を作るため、Soul of Faith、CLOD、Xie等のバンドと共同でクリスチャンロックレーベルCalling Recordsを立ち上げる。

2017年、日本の歴史をキリスト教の視点から描き出した画期的コンセプトアルバム”Jesus Wind”を発表。世界中のファンやクリスチャン系音楽メディアより好評を得る。

2018年、不動のメンバーとして2008年より共に活動してきたベーシストHassy、ドラマーJakeが脱退。この3人による最後のアルバムにして、クリスチャンバンドになってからは初の全曲日本語アルバムとなる”Overture”を発表。

2019年、究極のサウンド「鍋島」の完成を見据え、ベースにバンドが生まれるきっかけをつくった張本人でもある日本一のクリスチャンメタル女子Marie (ex. Atsuki Ryo with Jesus Mode)と、ドラムにジャパメタ黎明期よりタイムスリップしてきた荒武者、摩耶こうじ (ex. Black Hole、東京X-Ray)を迎え、世界に向けて再デビュー!!

 

 

 

 

日本語 中くらいバイオ ver.201805J-Re

伊万里音色 (IMARi ToNES)

中心人物ナカミネが1999年頃よりあたためていたプロジェクトから始まり、2004年頃より、ハードロックとポップとアンダーグラウンドを融合させ、どこかスピリチュアルな世界観を持ったバンドとして活動を開始。

2005年に完全自主制作で最高のポップアルバム「光のヒーロー」をいきなり完成させる。

孤高の活動を続けながら2006年、Tak Yonemochi氏(Air Pavilion)のサポートを受け、ドイツの著名ヘヴィメタルプロデューサー、Sascha Paeth(Angra, Edguy等)の下でレコーディング。本格ハードロックアルバム”Japanese Pop”を完成させる。

2008年初頭、Toneがキリスト教の信仰に目覚めたことをきっかけにクリスチャンバンドとなり「日本初の本格クリスチャンヘヴィメタルバンド」として新たな活動を開始。現代日本のスピリチュアルな状況に疑問を抱き、新しい価値観の種を蒔くべく、既存の成功の概念に捉われない独自のスタンスでの活動を展開。

クリスチャンバンドとなった後は、神と人間の関係を描いた作品”Welcome To The School”や、代表曲”Faith Rider”を含むよりクリスチャン色の強い”Victory In Christ”、ストレートで親しみやすいハードロックに徹した”Japan Metal Jesus”等のアルバムを随時発表している。

2009年より4年連続してアメリカ遠征を敢行し、各地の教会やライヴハウス、音楽カンファレンスなどで演奏し好評を得る。
バンドにとってそれまで最大の規模となった2011年のアメリカツアーでは、クリスチャンミュージックの中心地ナッシュビルにて行われたコンベンションThe Objectiveにて、ショウケースライヴのトリを飾り、参加バンドの中で最大の評価と熱狂的な反応を得て業界関係者に衝撃をもたらした。
また2012年にはアメリカ全土にて展開されるクリスチャンミッショナリーツアーThe Extreme Tourに日本のバンドとして初めて参加し、各地でアグレッシヴな演奏と伝道活動を繰り広げた他、ツアー中にグラミーノミネートバンドAfter Edmundと共演も果たしている。

2013年からはそのThe Extreme Tourを日本に持ち込み、アメリカやカナダ、チリのクリスチャンバンドと共にThe Extreme Tour Japanとして日本各地でグラスルーツ(草の根)に照準を絞った画期的なクリスチャンミュージック伝道ツアーを行っている。

独自色の強い活動によって国内のゴスペルミュージックシーンの中でも少しずつ存在感を増す中、2015年にはCLOD、ソルフェイ、Xieといった日本のクリスチャンロックバンドと共に日本初のクリスチャンロック専門レーベルCalling Recordsを立ち上げた。

2017年には長年の宿願でもあった、日本の歴史をテーマにしたコンセプトアルバム”Jesus Wind”を発表。クリスチャン系メディアを中心に世界中のファンから絶賛を浴びる。

80年代ヘヴィメタルというキーワードを掲げながらも、それにとどまらない新鮮な音楽性と、信仰とロックを結び付け、商業的成功にとらわれない独自の世界観は、いよいよもって混迷を深める現代の音楽シーンにおいて注目を集めつつある。

日本では珍しいクリスチャンロックの看板をためらうことなく掲げ、現代日本に失われた「信じる心」を取り戻すべく、日本にリバイバル(変革)が起こる日を信じてロック道に邁進している。
“The First Christian Heavy Metal from Japan”

 

 

信じる気持ちをピュアにラウドに鳴らす本格的ハードロックバンドです。