Atomic Live!

“Atomic Live!”

Recorded Live in November 2014
Download available on Bandcamp

 

1:The Concept
2:Testimony
3:Unlimit
4:Victory
5:Iron Hammer
6:Jee-You
7:Dying Prophet
8:Love Is To Do Something
No One Dares To Do
9:Born To Ride
10:Faith Rider

 

アートワークダウンロード

 

Imari Tonesが、福島県南相馬にある、福島第一原発から15マイルの距離にあるBack Beatでライヴレコーディングセッションを行ったとき、それはあらかじめ計画されたことではありませんでした。

とあるひとつのギグが急遽キャンセルになったとき、Imari Tonesは福島にいました。バンドはファンを失望させることを望まず、代わりのベニューを探しました。そして南相馬にあるBack Beat (Sound Factory Studio)を見つけました。それは2011年3月11日に崩壊した原子力発電所から15マイルの距離に位置していました。バンドはそのベニューをブックすると共に、急遽ライヴレコーディングを行うことにしました。

その結果がこの”Atomic Live!”であり、これは小さな会場でのほんの一握りのファンの前で演奏したちょっと変わったライヴアルバムです。私達がこの作品をリリースしようと思ったのは、世界に日本の状況を伝える良い機会だと思ったからです。原子力発電所の事故以来、日本の人々は放射能に晒されて生きています。多くの人々はそのことを気にかけることを止め、それは私達の日常になりました。

崩壊した原子力発電所から15マイルの場所でライヴレコーディングを行うのはクレイジーなことです。けれども、人々はそれを既にクレイジーだと思わないようになりました。それこそがこのアルバムの最もクレイジーで、また最も面白い部分でもあります。私達が福島を訪れたのは、人々に会い共に過ごすためです。そして私達が南相馬を訪れたのは祈るためです。結局のところ、私達はクリスチャンであり、神の助けによって物事が良い方向に変わっていくことを信じているからです。

音楽的に言えば、このライヴ録音はビッグなギターサウンドと雷鳴のようなビートでImari Tonesのベストパフォーマンスを捉えています。そして興味深いことに、計画外のリリースのタイミングにより、このアルバムにはImari Tonesの次のアルバムの楽曲だけでなく、「次の次」のアルバムの楽曲も収録されています。