Color of Hers

“Color of Hers”

Recorded in September-December 2005
Download available at iTunes, Amazon, and Bandcamp
Streaming available at Spotify, Apple Music and other service

 

1:I
2:ブレイクスルー
3:思い
4:おせっかい
5:Samurai Kids
6:定食屋
7:日溜まり
8:自分テーマ
9:一人にならないで
10:Glidin’
11:Magic
12:恋はコワイよ
13:たわむれ

**M2 “Break Through” written by Tone & Daisuke.S

 

アートワークダウンロード

 

これはImari Tonesによる8番目の録音作品であり、またTakが2005年にほとんど一人で制作した4枚のアルバムのうちの3番目です。これは古典的なハードロックのレコードであり、Takはこのレコードを1970年代風の方法で作ろうとしました。

驚くべきことには、このレコードのほとんどの楽曲は、Takが高校時代に書いたものです。それにもかかわらず、幾人かの人々は(そしてある音楽評論家は)このアルバムがImari Tonesの最初の10枚の中でベストであると言います。(私たちの最初の10枚のアルバムはインディペンデントに制作され、日本語で歌われました。)そしてこれが日本の地方の少年によるティーンエイジ・ロックンロールです。Led Zeppelin、Queen、Van Halen、Nirvana、そしてジャパニーズロックの影響が混ざっています。

すべての楽曲は日本語で歌われています。アルバムカバーはMarie(Takの妻)の後ろ姿の写真であり、日本人には珍しい彼女の天然の茶色の髪の色を示しています。Takの好きな色は赤であり、Marieの好きな色は青ですが、Imari Tonesはこの二人が高校時代に出会わなければ決して生まれなかった音楽です。

*Track1&3はサウンドの改善のために2017年にリミックスされました。