fireworks

“fireworks”

Recorded in September-December 2005
Download available at iTunes, Amazon and Bandcamp.
Streaming available at Spotify, Apple Music and other services

 

1:報せ来る
2:100 Wonders
3:初春恋風
4:何かを信じて
5:なんてことない
6:浮気なカンガルー
7:Ev’rything’s Al’right
8:La Mere
9:Silent Hearts
10:生徒会室ブルーズ

 

アートワークダウンロード

 

これはImari Tonesによる9番目の録音作品であり、Tak2005年にほとんど一人で制作した4枚のアルバムのうちの4枚目です。これは、いろいろな音楽スタイルによるポップロックのアルバムです。また、これはインディペンデントに制作され、日本語で歌われた日本の少年によるネイティヴなロックミュージックの10枚(うち1枚はライヴ)のアルバムの完成を祝うものです。

「報せ来る」において、Takは古い預言が現実になることを歌い、知らない間にジーザスについて歌っていました。(彼はまだクリスチャンではありませんでした。)「何かを信じて」では、彼は、何かを信じて生きていけたら、と歌います。おそらくこれはImari Tonesの新しいスピリチュアルサイドの始まりでした。「Silent Hearts」は典型的な1980年代スタイルの日本のロックソングです。そして「初春恋風」は、「Karma Flower」の日本語のオリジナルバージョンであり、より日本的な雰囲気を持っています。

すべての楽曲は日本語で歌われています。アルバムカバーは隅田川の花火大会の写真で、古いローカルな東京の雰囲気を表現しています。