Japanese Pop

“Japanese Pop”

Recorded in 2006
Download available at iTunes, Amazon and Bandcamp
Streaming available at Spotify, Apple Music and other services

CD available at Bandcamp and CDbaby

 

1:Winning Song
2:Karma Flower
3:That’s Why I Love You
4:Iron Hammer
5:Speechless Speaker
6:Skies Of Tokyo
7:Juku-Shiki
8:New World
9: I
10:Winning Song (Japanese)

 

Produced by Sascha Paeth and Tak Yonemochi
Recorded in Wolfsburg Germany and Tokyo Japan
アートワークダウンロード

 

2006年、Imari Tonesは、Tak Yonemochi氏というプロデューサーに出会います。彼は著名なロックジャーナリストであり、Air Pavilionというバンドのギタリストでもありました。Yonemochi氏とImari Tonesは東京で7曲をレコーディングし、その後、Yonemochi氏はバンドを彼の友人であるサシャ・ピート氏のところに連れていきます。サシャ氏は世界的に有名なヘヴィメタルのプロデューサーでした。私たちはドイツのウルフスバーグにて、サシャ氏と一緒に3曲をレコーディングしました。それには非常にキャッチーな曲である「Karma Flower」を含みます。

私たちはそれらの楽曲をまとめて、ここに「Japanese Pop」が完成しました。日本のバンドによる本格的なハードロックのアルバムです。サシャ氏は3曲においてワールドクラスな仕事を見せていますが、その一方でYonemochi氏は録音にアナログの機材(そう、テープです)を使い、あたたかくパンチのあるサウンドを出しました。ToneYonemochi氏のBogner Fish Preampを使用し、夢見ていたギターサウンドを作り出します。

結果はImari Tonesのもっとも良い選曲による、もっとも良いサウンドのアルバムです。実際にはここに収録されているすべての曲が新しい曲というわけではありません。私たちはそれまでの作品の中から楽曲を選び出し、英語の歌詞に直したのです。トラック910を除くすべての楽曲が英語で歌われています。これはImari Tonesの、インターナショナルな市場に向けて作られた最初のアルバムです。