コンデンサーマイクの保管

ぜんぜん関係ないんですが、皆さんコンデンサーマイクの保管ってどうされてます?
保管っていうのか、保存っていうのか。
湿気に弱い、とか言うじゃないですか。

立派なスタジオだと、専用の湿度管理されたケースで保管してるとかそういう話も聞きますよね。デシケーターっていうのかな。

気にしなくてもいいって人もいるけれど、こういう小さなことをやるかやらないかで、後々大きな違いになるような気がしている。

僕も昔、もうちょっと良いマイク持ってた時は、ちゃんと密閉してたんですが、今持ってるマイクのハードケース、なんかあまり密閉度がよくなくて。ましてや、今住んでるアパート、狭い部屋で湿気の影響がモロに出そうなんで。。。。

今日、スタジオの帰りに、新しいドラッグストアが出来てたんで、ちょっと寄ったら、これでいこうかな、となりました。

ジップロックっていうのか、フリーザーバッグ。
それと、乾燥剤。

乾燥剤はシリカゲルだけど、色で使用期限がわかるタイプのもの。
フリーザーバッグも透明なので、時々見てやれば、取り替え時期がわかる。

ちょうど私は、自分のバンドの録音制作が一段落したところで、しばらくの間、録音の予定がないので、まるで漬け物とか何かの保存食の如く。

見てのとおり、あんまり高級なマイクじゃないけれどね。
ヴォーカル用のラージダイアフラムのやつに至っては、二重にパックしちゃいました。
神経質なもので。

でも、これでひとまずは安心して、また使う時まで封印しておきます。

このマイク(CAD-E300s)で録音したヴォーカルは、といえば、
とりあえずこちらを聞いてくださいませ。
(決して、歌は上手くはないですが、笑)

ありがとうございます〜〜!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください