現メンバー最後のライブ at 新橋ZZ

新橋ZZにおいて、10年続けてきた[Tone – Hassy – Jake]の3人体制のイマリトーンズによる、最後のステージをやり遂げてきました。
 
10代の頃から自分にはレスポールは似合わない(ストラトはもっと似合わない)と思っていたので、
またこのバンドをやるようになってからも、調子の良い時期にずっとフライングVを使っていたせいもあって(まだ一本、とっておきのやつを所持しているけどね)、
今でも写真とか動画を確認する時に、果たして似合っているだろうか、と気にしてしまう。
 
証拠提出ってわけじゃないんだけれど、
この前のCalling Recordsのイベントの時の、石川ヨナが「その領域」に行っちゃってるパフォーマンスをした、という件を書いたから、
ふりかえって自分はどうなのかと。
 
演奏中に自分の精神がどのへんにあったのか、お伝えできればと思って。
そういう変な写真をいっぱい添付してみる。
 
こうして見ると人間というのは、色々な表情をするものだね。
 
もっとも、これまたはっしーとジェイクが加入した頃に買った、古いビデオカメラは画質があまり良くないので、そこの動画から切り出した写真は、画質も荒いし、動きが激しいとブレブレになってしまっているから、状況証拠にしかならないかな。
 
本当は動画をそのまま見てもらうのがいい。
ここ2年あまり、YouTubeにライヴ動画をアップすることも控えめになっていたけれど、またこれから、たまっているやつを上げていけばいいと思っている。新たな活動が始まるまで、少し間があくだろうから。どっちにしても。
 
後日、少しだけFacebookウォールに掲載しようかな。
なんつっても最後のライヴだったわけだから。
 
今回のライブは、おなじみ、ドラマーでもあるロックな牧師、木村モトイチ先生がやってる学校の卒業ライブ、みたいな話を聞いて参加しただけの僕たちだったんだけれど、
 
フリースクール恵友学園の卒業イベント。
愛にあふれた、アットホームな。
素敵なお子さんと、先生たちと、親御さんたちの前で。
素敵な旅立ちを共に祝う。
 
そんな素敵な場で演奏させてもらえたら、こっちだってそりゃノリノリで、張り切って演奏してしまう。
本当に祝福されていた。
ありがとうございます。
 
そして、ライブの日はだいたいいつも快晴。
シアトルを3度訪れて、一度も雨に降られていない、マウントレーニアいつもくっきり、みたいな「晴れバンド」であるところのイマリトーンズ。
 
「解散」じゃないけれど、現メンバーはこれっきり、っていう段になって、先月の西横浜エルプエンテも、そして今回も、天気悪いなぁ、雨は嫌だなぁ、と思っていたら。
 
まさかの雪。
しかも、桜が咲いてるその上から、雪が舞っている。
 
これはもう、神さんも粋な演出をしてくれるもんだと、笑うしかない。
 
いや、もちろんこれは、卒業する皆さんを祝ってのものだろうけれども。
 
そんなこんなで、最後だから自分たちのために、思い入れ優先でやろうと、ヘヴィな曲は避けて「軽めのセットリスト」で気負わずに臨んだものの、
思いのほかエンジンがかかってしまい、最終的には予想以上のヴォルテージで演奏することが出来た。
 
本領を発揮したと思う。
 
“Overture”からの日本語の楽曲を中心にやったけれども、ちゃんとやれた。そして言葉が伝わった。
このへん、はっきりいって英語だろうと日本語だろうと関係ない、と言いたいけれど、今回は日本語でうまくいった。
 
肉体労働や食生活や花粉症で、声も心配だったけれど、
完璧ではないにせよ、先月よりも歌えていたと思う。
(キーの低いBorn Againだけ逆に苦戦したが。最後のライヴにして、初演を果たしました。)
 
ツンデレで有名なはっしーも、相変わらず仏頂面で弾いていたけれども、要所要所で気合いを入れていて、気持ちが入っていたのは、俺はちゃんとわかっている。
 
ジェイクも大きなミスもなく(小さなミスは、うーむ)、いつも以上に持ち味を発揮していた。
 
最後の最後に、こんなにポジティヴな、祝福された演奏をやれたことに、本当に感謝したい。
 
そして、ここからまた、音楽人生のゴールに向けて、新たな一歩を踏み出すことに、今となっては迷いは無い。
 
どうもありがとう!!!
 
恵友学園の皆様、共演の皆様、モトイチ先生、見届けていただいたお客様、みなさんにお礼を言いたいと思います。
 
セットリスト
1. Overture
2. Discarded World
3. Born Again
4. Mistake
5. Precious
6. Winning Song

 

 
 

 

黙って弾いてればわりといい感じなんだよな。知ってる。そうも言ってられない人生。

 

使用前。スタート直後。

 

伊万里の陣における最後の戦いにのぞむはっしー将軍。

 

ジェイク参謀。

 

いつもの顔くしゃくしゃシャウト。力み過ぎだってば。

 

ひょうきんなやつって言ってしまえばそれまでだけど、ジェイクはやっぱりエンターテイナーだったよね。技術よりも愛されるキャラで、メタル版リンゴ・スターなんて言ってくれた人も居た。もう言っちゃうけど、これでせめて、人並みのリズム感さえ持っていてくれたらなあ。

 

人当たりの良いジェイクと反対に、寡黙な職人肌だたはっしー。すっかりツンデレっぷりが定着してしまったけれど、デレの部分を目撃した人は大抵、魅了されることになる。いつでも冷静で、バンド活動の上でも彼がいつもリトマス試験紙だった。

 

10年間支えてもらったリズム隊。決して一流ではなかったかもしれない。だけれども、サウンドの相性は良かったよ。そして人間の相性も良かった。そうじゃなければ、10年も続かないよ。ありがとう。

 

スケートボードでもこれくらい飛べたらなあ。

 

いつもの足技。

 

この日はびっくりするくらいタッピングが決まらなかった。しかし、そんなことは関係ない。

 

 

 

見上げてる、だけじゃない。確かに見ている。見えている。何かは聞くな。

 

理想的な死に顔。こういう顔して死にたい。

 

 

 

この日いちばんひどい顔。

 

取り組み後のインタビュー。

 

 

 

完走しましたー。

 

 

キリスト教におけるニルヴァーナの境地。バンドじゃなくて精神状態。

 

 

笑顔は財産。誰もが持っている。

 

キスをする時の口。ライヴとレコーディングの違いってこれなんだよな。声細いからね。欲しいんだよ、近接効果。気持ちの上でもさ。そこからフィードバックが生まれるんだ。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください