本当の勝負をかける

 
これから僕は勝負をかける。
 
自分のバンド活動と音楽人生において、大きな勝負をかける。
 
けれども、きっと人からは、そう見えないに違いない。
 
きっと周囲の人は、そのことに気付きさえしないんじゃないか。
 
きっと、周りからは、僕は何もせずにのんびりしてるだけに映るだろう。
 
それでいい。
 
たとえば、勝負をかける、なんて言った時には、
 
ツアーに出る、ライブをたくさんこなす、大きな会場でコンサートをやる、
レコードをたくさん売る、派手なPR作戦に乗り出す、
などなど、そういうのがきっとわかりやすい。
 
けれども、きっとこれから僕がかける「勝負」は、
たぶん、皆にも、そうとわからないくらいのものだ。
 
それでいい。
 
へたをすると、自分自身でもそうとわからないかもしれない。
そのくらいが理想的だ。
 
自分自身でも気付かない、っていうのは、知らないうちに既にやっていることだから、考えてもしょうがない。
 
でもいつのまにか、確かに動いている。
植物が成長したり、星が夜空にのぼったり、季節がめぐるみたいにして、
いつのまにか、それは大きな木へと成長している。
 
本当に何かに勝負をかける、本当に何かを動かす、ってことは、
本当はそういうふうにやるのが理想的なんだ。
 
自分にハッパをかけるために、こうして書いている。
これからのチャレンジに、精神のヴォルテージを高めるために、こうして言葉にして書き留めている。
 
脳みそを動かして、言葉を紡ぐ事でしか、先に進めないような気がしているんだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください