what you really wanted

人間、何かを手に入れることは簡単だ。
けれども、自分が本当は何を求めているのか、
それを知ることは難しい。

歳をとってようやく、自分が本当に欲しかったものが見えてくる。
自分が少年の頃に、何を本当に求めていたのかがわかってくる。

ロックに憧れたこと。
年上の世代の聴くロックに憧れたこと。
様々なストリートカルチャーやアンダーグラウンドに憧れたこと。
歴史や伝統に憧れたこと。
夜の街が好きだったこと。

それは何故だったのか。
本当に欲しかったのは愛だった。

そんで、音楽の旅とロックの歴史を俯瞰して一周した今、
それがどんなもので、何を意味するのかもわかっている。
そこにあったのは果たして「そんなものは存在しなかった」という答え。
これほどまでに憧れ続けた、
僕が憧れたロックは、この世には存在しなかった。

馬鹿みたいにシンプルなのに、それをやろうとしたやつは誰もいない。
信じるということはそれほどまでに難しいことだから。

革命、世界、愛。
たとえ小さくてもいい。
君を幸せにすることができる場所を。

遠回りしたように見えても、
今こうして、ここまで歳を経て、
自分が本当に欲しかったものが、
やっと手の届くところまで、近くまで来ている。
今なら手が届く。

人は、たとえそれに気付いたとして、
じゃあ、ここで革命たるロックを鳴らそう、
と思ったとしても、
ほとんどの人にとっては、
そんな曲は書けない、
となるに違いない。

けれども、僕はもう書いてしまった。
地球を何周も出来るほどに書いてしまった。

それを以て、
泣いてよろこべ、と、
神はのたまう。
受胎を告げられた乙女のごとく。
喜びに打ち震えよと神はのたまう。

ほんまかいな。
どうかな。
でも別に気にしない。

その栄誉と祝福を、
愛と革命の音を、
さあ、もうすぐ、
鳴らすからね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください