1ドルで販売することの是非

 

さきほどBandcampで最新アルバムの販売をようやく始めたという記事を書きました。
それに関連した話題なんですが。

実は現在、Imari TonesはBandcampにて、ほとんどすべてのアルバムを1ドルで販売しています。それはデジタルのダウンロードについてです。フィジカルのCDは、制作コストや送料などの関係で、安売りすることが出来ず、どうしてももっと高くなりますが。

 

たくさんアルバム、これまでに作ってますから、見てやってください。
https://imaritones.bandcamp.com/

 

この、1ドルっていう低価格で販売しちゃってることについては、賛否の意見があるだろうと思います。

この値段設定にしたのは、2020年の7月から。
その時に、こちらのブログでもその理由を書き記したんじゃないかと思います。
つまりそれは、「僕はもう死んでいるから」という理由ですね。死んだらお金はいらないし、関係ないから。
その時、人生の目標であった”Nabeshima”アルバムを完成させた僕は、自分はもう死んだも同じだ、と考えることにしたんだ。

 

ビジネスとか、社会の仕組みを考えたら、これは必ずしも賢い選択ではないだろうと思います。

つまり、1ドルでものを売るっていうのは、一見簡単なことに見えるかもしれないけれど、実際には、困難な道を敢えて選択するようなもの。
実質タダで売るようなものだから、それは世間のビジネスとか経済活動から距離を置くことを意味する。

値段をこのように下げるということは、お客様、リスナーに対して、ハードルを下げているのではなく、実際にはハードルを上げる行為になるだろうと思っています。

 

人間の社会の中で、お金、値段というのは、物事の価値を示す基準になっている。
1ドルという最低価格をつけるということは、僕らとしては安売りしているわけではなく、それを買う人、聴く人、リスナーが、自らそこに価値を見出さなくてはいけないということです。

そして、それは多くの人にとっては、決して簡単なことではないだろうと思っている。
特に、現代のような社会状況の中では。

だから、安売りしているように見えて、実際はハードルを上げて、狭き門にしているような感じかな。

 

でも僕はそれでも、1ドルで売られているような音楽でも、心ある聴き手はその中に、愛であるとか、価値を見出してくれると信じているよ。

そして僕らの音楽の性質を考えると、この売り方、世界の中で、この立ち位置が、一番ふさわしいような気がしている。

(Bandcampには好きなだけの値段を払う機能がありますが、別に高いお金を払ってくれなくても、1ドルぽっきりで買ってくれて、僕らは全然嬉しいんです。それよりも、その音楽の中に価値や、喜びを見出してもらうことが、一番大事なんです。)

 

特に芸術とか、人生とか、愛といった形のないものを考える時には、お金というのはただの数字に過ぎないと思っている。
本当の価値とか、幸せといったものは、数字の中には存在しない。

だからこそ、1ドルの音楽の中にどれだけの価値を見出せるかという、これは僕らなりの挑戦なんだ。

 

だけど、この「1ドルポリシー」は、最新アルバム”Nabeshima”には残念ながら適用されない。
それは、このアルバムが自分たちで出したものではなく、レコード会社から発売されているものだからだ。
それを僕らが安い値段で売っちゃったら、商売の仁義として問題があるからね。

だから少なくとも今は、レコード会社が売ってるよりも安い値段では売らないようにしている。

もしかすると将来的には、1ドルで販売する時が来るかもしれないけれど。契約上の問題がなくなった時に。
“Nabeshima”は二枚組だから、2ドルかな。

ご理解いただきありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トップに戻る