2018軽い振り返(鏡マジックセルフィー)

 

この前に動画とったときのリハスタぁの自撮り。
「写真はイメージです。実物とは異なることがあります」が全開の鏡マジック。

バンドのページとかに英語ポストするけど、今年あったこと、やったことのリストぉ。

 

今年2018年は僕たちのバンドにとって大きな変化の年だった。

これらが僕たちがやったことだ。

– “Jesus Wind”アルバムの宣伝
これは間違いなく僕たちの「最高のメタルアルバム」だ。
まだ聴いてなければ、ぜひチェックしてみてくれ!
https://imaritones.bandcamp.com/album/jesus-wind

 

– “Overture”アルバムの完成
1月、2月でミックスとマスタリングして完成。(その後マスタリングちょっと直した曲もあるが)
10年間続いたラインナップは、最後まで音楽を作り続けるという使命だけは失わなかった。

 

– “Overture”アルバムのリリース
12月になんとか。初めて作った「全曲日本語のクリスチャンアルバム」。
サウンドの方向性は今までと違うけど、良い作品だからぜひ聴いてね!
https://imaritones.bandcamp.com/album/overture

 

– 謎の「ファーストアルバム」プロジェクトのために3曲を録音
驚くべき方向性の、とても特別な曲。
来年、準備が出来たら発表します〜。

 

– 手作りミュージックビデオを制作
いつも通り。今年も。4曲か5曲作ったかな。
これはクールだと思うんだけど、兼ね合いで一番再生されてない。
ぜひ見てプリーズ!

 

– アコースティックでライブを何度かやった (Toneのソロ)
もしどんなサウンドか知りたければ、こんな感じさ。

 

– 10年間続いたラインナップが終了 (悲しい)
2008年から続いたImari Tonesのラインナップ[Tone, Hassy, Jake]が終わりを告げた。はっしーとジェイクがバンドを去った。

 

– 新しいスタートへの準備 (ep4:新たなる希望)
Toneは、8月頃より、「新しいラインナップ」のリハーサルを秘かに開始。最高のサウンドで、特別なバンドになるはずである。
来年、準備が出来たらオフィシャルに発表する予定。待ち切れないぜ。

 

ここに書かれている以外にも、僕たちは人生のたくさんの変化を経験した。
誰もがそうであるように、僕たちも人生の中の様々な出来事や、困難に直面する。
僕たちはなんとかやり抜いて、乗り越え、そして道を見つける。
けれども、もし君が、今年僕たちのことを見つけてくれたのなら、ありがとう!
そして、もし君が、今年も僕たちのことを応援してくれたのなら、ありがとう!

そしてもうひとつ、神様は今年も、僕たちによくしてくれて、僕たちに祝福を与えてくれた。
だからサンキュージーザス!
皆さんにも神様の祝福がいっぱいあるように、そして来年2019年がみんなにとって素晴らしい年になるように祈ります。

皆さんに祝福あれ。
Tone (Tak Nakamine)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください