伝説のおっぱいヴィブラート

 

正月に縁起もんだと思って久々にSister Rosetta Tharpeを聴いてるが、やっぱ半端ねえな。自由な歌い回し、歌い崩しが凄い。

歌唱技術がどうの、リズムの取り方がどうの、インプロヴァイズがどうの、そういう次元を越えて、このパフォーマンス自体が神業と感じる。
(まぁいつものギャグだが、ゴスペルミュージシャンに向かって「神業」つうのもどうかと思うが)

自分はシンガーとして影響を受けたのはSuedeのブレット・アンダーソン(がほとんど)だといつも言ってるけど、この歳でまた影響を受けるとしたらこの人かもしれん。

いきなりこの展開でギターソロをメジャーキーで弾くのも、あまりにもマイペースで衝撃的だ。(そしてこのギターのおっぱいヴィブラート、真似できる人いるのか?w)

しかし、テレビ番組かなんかに登場した際のインタビュー付き音源を聴いていて、司会者に「あなたは自分のことを、エバンジェリストだと考えているか、それともエンターテイナーだと考えているか」と聞かれて、「エンターテイナーだ」と即答したシスターに、なんかプロフェッショナルってものを感じた次第。わかるぜ、それ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください