ライブ映像寸座2019

 

先月、2019年8月13日に静岡県は浜松市で行われた寸座ロックフェスティバルのライヴ演奏の映像をアップしました。

僕たちイマリトーンズ(Imari Tones)は今年が初めての参加でしたが、このSunza Rock Festivalがとても素晴らしいフェスだったことは、先日のブログにも書いたとおりです。

今年から正式に新メンバーで活動を始め、今までスタッフとしてムービー撮影などしてくれていたMarieがベーシストとしてバンドメンバーになっちゃいましたので、今後は映像記録とか残せないかなと思っていたんですが、なんとかこうしてフェスでの演奏の様子を公開することが出来ました。

 

昨年から水面下でリハーサルは始めていたのですが、新ラインナップを正式に発表したのが今年の7月。
このSunza Rock Festivalは実は僕たちにとって新メンバーによる2度目のライヴだったわけです。

細かい演奏技術の面では、ミスもそれなりに多く、必ずしもベストとはいえない内容なのですが、スピリットの面、そしてメッセージの面ではこれまででもベストのひとつと言える祝福されたステージだったと思います。

つまり、正直に言えば、演奏をしている時には「あちゃー」と思っていたのですが、終わってみれば、皆さんからあたたかい(熱い)反響をいただきました。
まさに祝福というか、Graceというか、感謝しかない。
そして、やっぱりライヴは、ロックは、演奏の出来といったことよりも、メッセージを伝える、愛を伝えることが大事なのだと感じました。

見ていただければわかるとおり、そのへんの「愛を伝える」ことに関しては、大盛りというか特盛な内容になっています(笑) しかし、それは演奏が調子悪かったので、メッセージ性でごまかそうとしていたのはここだけの秘密です。

 

セットリストは以下のようなものでした。
1. Unlimit
2. Jesus Train
3. Winning Song
4. Love Is To Do Something No One Dares To Do
5. Faith Rider

 

新しいメンバーになり、まだスタートしたばかりということで、曲目は昔からやっていた古い曲が中心です。たとえば”Jesus Wind”からの曲も全然やっていない。

しかし逆に言えば、[Tone-Hassy-Jake]でやっていた「良い時期」の定番曲が多いので、エンターテインメント性の高い曲目になっているのも確かです。

これから、来るべき”Nabeshima”の曲や、日本語のクリスチャンロックソングなどもレパートリーに加えて、より充実したステージが演れるようになっていきたいと思っています。

 

ちなみに現在予定されている今後のライヴは以下のとおりです。

10月27日(日)御園バプテスト教会
12月14日(土)六本木バウハウス
年明けて1月5日(日)二子玉川Gemini Theater
となっております。

まだまだ本数は多いとは言えないのですが、少しずつペースを上げて活動していきたいと思っています。

ぜひ応援よろしくお願いいたします。
Tone

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください